妊娠中・授乳中におすすめDHAサプリメントを比較してランキング!

妊娠中・授乳中におすすめDHAサプリメントを比較してランキング!

美健知箋 EPA&DHA
妊娠中・授乳中DHAサプリおすすめ
DHAとEPAがたっぷり入っている美健知箋 EPA&DHA

美健知箋 EPA&DHAは水銀検査・放射能検査済みだから安心安全。

Sato通販ショップカスタマーセンターで薬剤師に相談できます。

定期コースは初回限定で送料無料の1,000円です。
1日あたり33.33円
初月から簡単に解約できるので気軽に試してみることをおすすめします。

1日分の価格 154円
1日分のDHA 550mg
1日分のEPA 200mg
ハグラビDHAサプリ
妊娠中・授乳中DHAサプリおすすめ
美容成分も入った ママのためのDHAサプリ!

DHAと一緒に美容成分もたっぷり摂取できます。

初月は980円(税込・送料無料)で、お得に利用できます。

1回だけの注文でも簡単に解約できるので気軽に試してくださいね。

1日分の価格 99円
1日分のDHA 270.7mg
1日分のEPA 29.9mg
AOZA(アオザ)DHAサプリ
AOZA(アオザ)DHAサプリ
とことん天然にこだわったDHAサプリ

AOZA(アオザ)DHAサプリは、国産の高品質のカタクチイワシでできています。

自然のそのまま、安心安全にこだわった妊娠中・授乳中におすすめのサプリ。

 

1日分の価格 331.2円
1日分のDHA 178.2~328.4mg
1日分のEPA 216.5~281.7mg
さくらの森きなり
妊娠中・授乳中DHAサプリおすすめ
きなりはオレンジの消臭パワーで飲みやすい!

さくらの森きなりは国産のカツオでつくられているから安心!

オレンジのパワーで魚臭さがなく、吐きつわりでも飲める。

15日間返金保証がついているから気軽に試せます。

1日分の価格 126円
1日分のDHA 451.3mg
1日分のEPA 50.3mg
森永ママのDHA
妊娠中・授乳中DHAサプリおすすめ
安全な育児食品を作っている森永の森永ママのDHA

粉ミルクも充実している森永乳業の【森永ママのDHA】は、妊娠後期から授乳中のお母さんのためのサプリメントです。

1日分の価格 61円
1日分のDHA量 350mg
1日分のEPA 0mg
母乳にいいもの赤ちゃんに届くDHA
妊娠中・授乳中DHAサプリおすすめ
母乳成分にこだわる母乳にいいもの赤ちゃんに届くDHA

ママに大人気の ビーンスターク・スノーのママ用DHAサプリメントです!

1日分の価格 63円
1日分のDHA量 350mg
1日分のEPA量 0mg

妊娠中・授乳中に摂取するDHA・EPAサプリメントの選びの5つのポイント‼️

妊婦DHAサプリメントおすすめ
 
酸化しないように工夫されているかどうか?

 

DHAは、とても酸化しやすく、酸化してしまうと違う物質の過酸化脂質やフリーラジカルを作ってしまい体の組織に障害を引き起こしてしまうことがあります。

 

なので、しっかりと酸化防止の工夫をしているサプリメントを選ぶことが大切です。

 

水銀検査をしているかどうか?

 

大きなお魚は食物連鎖によって水銀が取り込まれています。

水銀は妊娠中の赤ちゃんに影響を与えてしまうことがあります。

 

水銀の胎児への影響は、例えると音を聞いたときの反応が1/1,000秒以下のレベルで遅れるようなもの。

赤ちゃんが大人になってから生活に支障が出てしまうものではありません。

とはいえ、母親なら少しでも胎児への影響は避けたいですよね。

そして厚生労働省では、水銀量を考えてお魚を食べましょうと推奨しています。

当サイトでは、水銀検査をしているDHAサプリだけを紹介しています。

 

放射能検査をしているかどうか?

 

原発事故の後に心配されているお魚に含まれている放射能。

しっかりと放射能検査しているDHAサプリメントを選びましょう。

当サイトで紹介しているDHAサプリメントは、放射能検査をしている安心できるDHAサプリメントだけを紹介しています。

 

DHAサプリメントを作っている工場は安心できるところかどうか?

 

しっかりとした製造過程を経たDHAサプリメントを選ぶには、GMP取得の工場やISO14001認証取得などの認証を第三者的に受けた工場で作っていることがポイントになります。

当サイトでは、DHAサプリメントを作っている工場がGMP取得の工場やISO14001認証取得のDHAサプリメントだけを紹介しています。

 

価格が続けられるものかどうか?

 

妊活中・妊娠中・産後の授乳期に続けて飲める値段ということも大切です。

100円あたりのDHA・EPAの量や、定期購入の値段、初回限定割引、最安値通販などを利用して、お得にDHAサプリメントの飲むことをおすすめします。

(これからの子育てでたくさんお金がかかるので、節約しながらお得にお買い物をしてくださいね。)

 

DHAサプリメントは、いつからいつまでとればいいのでしょう?

妊娠,おすすめ,DHA

葉酸サプリメントの場合は、妊娠前から授乳中に飲みます。

DHAサプリメントも、妊活中から授乳中まで飲んだほうがいいのです。

 

なぜならDHAとEPAは、妊娠していないときでも不足しています。

 

特にDHAは脳、網膜などの発達に欠かせない栄養素です。

そして発達期の中枢神経系(脳と脊髄)、網膜でDHAが不足すると学習能力、視力が低下するとわかっています。

 

中枢神経系(脳と脊髄)は、体の臓器の中で一番はじめに発生して、一番遅くに完成する臓器です。  

 

受精をした受精卵は細胞分裂をくり返し受精後6〜7日目に子宮に着床します。

細胞の外胚葉からできる中枢神経系(脳と脊髄)は、すでにこの頃から発育しています。

そして脳は胎児期(9週目以降〜)から生まれる前後にかけて発達します。

生まれた赤ちゃんの脳の重さは約400gですが、その後どんどん成長を続け1年後には脳の重さは約1,000gになります。

 

また目の網膜は、脳の一部として発生していています。

受精後25日位には目(視覚系)が発生し、妊娠8週から9週目にかけては網膜の組織発生が活発な時期です。

妊娠10週の終わり頃には眼球の基本構造はだいたいできていますが、そのあとも発達を続けます。

網膜の発達と成長にはたっぷりのDHAが必要といわれています。

 

胎盤ができると臍静脈をとおして胎児に酸素や栄養のDHAが運ばれます。

胎盤は、受精後5日目の細胞の外胚葉から作られはじめ完成するのは妊娠4ヶ月です。  

胎盤ができる前は胎児は、赤ちゃんのお弁当箱の卵黄嚢から栄養を吸収しています。

残念ながら卵黄嚢の成分はわかっていません。

胎盤ができてしまえば、臍静脈からDHAを届けられます。

しかし、胎盤ができる前の胎児への栄養は、まだまだ科学では解明されていない神秘の世界です。

胎盤ができる前にすでに脳と網膜は発達しはじめます。

この時期にDHAを大切な胎児に届けたいと思ったら、日頃のDHA不足を解消しておくといいですね。

 

DHAサプリメントは妊娠後期から飲んだほうがいいという話もありますが、日本では、DHAが多く含まれている魚介類の摂取量が年々減少しています。

厚生労働省はDHAとEPAをあわせて1日1,000㎎以上摂取することが望ましいと発表しています。

これは妊娠・出産に関係なく一般的に不足しているので推奨しているのです。

なので、気がついたらすぐDHAサプリメントを飲み始めてくださいね。

 

妊婦DHAおすすめ

 

 

妊娠中・授乳中はDHAはどれくらいとればいいの?DHAの摂取量は?

赤ちゃんDHAサプリメント


葉酸については、妊娠前から400μg/日サプリメントから摂るというのは常識になっていますね。

お腹の赤ちゃんに栄養をとどけるためと、出産後は母乳を通して赤ちゃんに栄養をとどけるために、妊娠中と授乳中は必要エネルギーが増えます。

妊娠中と授乳中はいつもよりカロリーを多くとるようにと、厚生労働省がだしている日本人の食事摂取基準で推奨しています。

 

妊娠中と授乳中のいつもより多くカロリーをとる目安

  • 妊娠初期  (4ヶ月まで)     +50kcal/日
  • 妊娠中期 (5〜7ヶ月まで)   +250kcal/日
  • 妊娠後期 (8ヶ月〜出産まで)  +450kcal/日
  • 授乳中             +350kcal/日

 

授乳中、赤ちゃんに母乳をあげている時は、自然にお腹がすきやすいかたも多いと思います。

でも妊娠中は、つわりで思うように食事がとれなくなることもありますね。

私が、そうでした。

吐き気もあったし匂いもダメで、その時に食べられるものを食べるだけなので赤ちゃんにちゃんと必要な栄養がとれてるかなと、とっても不安でした。

特にお魚は、もともと不足しているかなと思ってました。

 

食事でDHAをとろうとすると、アジのひらき1尾、サンマ1尾、サバ1キレなど必ず1日1食はメインのおかずでしっかりといただく感じになります

 

妊娠・妊婦・授乳中DHA

 

ちょっと厳しい量ですよね。

 

魚にはカルシウムやn-3系脂肪酸(DHAとEPAなど)が豊富に含まれています。

 

お腹の中で脳や体を作っている赤ちゃんに、脳や体のもとになるカルシウムやn-3系脂肪酸の仲間のDHAは胎盤をとおしてとどけたいと思いました。

どうやって、カルシウムやn-3系脂肪酸のDHAを補おうかなと考えました。

カルシウムは葉酸サプリメントに含まれていることが多いので、案外心配することはないんです。

 

カルシウムは葉酸サプリメントで大丈夫ですが、お魚を思うように食べられないのでオメガ脂肪酸(DHAとEPAなど)がたりません。

 

n-3系脂肪酸(DHAとEPAなど)をサプリメントでとることにしました。

 

とはいえ妊娠中・授乳中のDHA・EPAをどれぐらいとればいいのかって、ピンとこないですよね。

 

DHAとEPAは、n-3系脂肪酸の仲間です。

厚生労働省が発表している妊娠中・授乳中のn-3系脂肪酸の食事摂取基準は、1日あたり1.8g(1,800mg)です。(参照元:厚生労働省 日本人の食事摂取基準)

18〜49歳の女性では、1.6g(1,600mg)
妊娠中・授乳中は、いつもより0.2g多くなっています。

オメガ脂肪酸

 

葉酸の時は400µg/日のプテロイルモノグルタミン酸(サプリメント など)でとりましょうと厚生労働省は推奨していました。

 

n-3系脂肪酸(DHA・EPAなど)の場合は、妊娠中・授乳中は多くとりましょうと推奨していますが、サプリメントでとりましょうとはいっていません。

 

それはなぜでしょう・・・。

 

1つめは、葉酸の場合は食事からとる葉酸と、サプリメントからとる葉酸とでは体の中の利用効率が違うから。

 

食事からとる葉酸は、サプリメントからとる葉酸の50%になってしまうからです。

 

2つめは、やはり栄養は、きほん食事からとったほうがいいからです。

 

食事から栄養をとったほうがいいけれど、実際に思うようにとれないならサプリメントを飲んだほうがいいですよね。

DHA・EPAをサプリメントからとるなら、妊娠中と授乳中は実際どれぐらいの量をとったらいいのでしょう?

 

厚生労働省が推奨している望ましいDHAおよびEPAの摂取量は、18歳以上の男女は1日1g(1,000mg)以上です

 

妊娠中・授乳中のn-3系脂肪酸(DHA、EPAなど)の食事摂取基準は、1日あたり1.8g(1,800mg)

 

そして、これ以上とっては健康被害がでるからダメという耐容上限量も今のところ発表されていませんが、DHAとEPAを合わせて4g(4,000mg)までがいいといわれています。

(欧州食品安全機構EFSAでは1日5g、アメリカでは1日3gの摂取でも問題がないといわれています。)

なので、DHAとEPAをサプリメントで摂取する場合は、2g(2,000mg)を上限の目安にするといいでしょう。

当サイトで紹介しているDHAサプリメントなら1日分の飲む目安を守っていれば、過剰摂取の心配はないので安心してくださいね。

 

脳梗塞や心筋梗塞などの血管で血液がかたまって血液の流れを止めてしまう血栓症の治療や予防のためにワーファリンなどの抗凝固薬を飲まれている方は、DHA・EPAサプリメントは飲まないでくださいね。

厚生労働省の資料では、 (参照;厚生労働省資料脂質)

DHA はとくに神経シナプスや網膜 の光受容体に多く存在する。妊娠中は胎児のこれらの器官生成のため、より多くの n‒3系脂肪酸 の摂取が必要とされる*。母親の血中 DHA は胎盤を通して胎児に移行する。

また、8, 729 人の妊 婦を対象に、妊娠 10~30 週における魚(n‒3系脂肪酸)の摂取量と早産ならびに胎児の体重との 相関を調べた研究によると、魚介類由来の n‒3系脂肪酸摂取量が 0. 146 g/日(魚 13. 4 g/日)以下 の妊婦は、早産あるいは低出生体重児出産のリスクが高いと報告している**。平成 17 年及び 18 年国民健康・栄養調査から推定した妊婦の EPA、DPA 及び DHA 摂取量の 50 パーセンタイル 値は 0. 169 g/日であり、デンマーク人のハイ・リスクグループ 0. 146 g/日を上回る。胎児の発育に 問題ないと想定される日本人妊婦の n‒6系脂肪酸及び n‒3系脂肪酸摂取量の 50 パーセンタイル 値に基づき、n‒6系脂肪酸では非妊娠女性における目安量を考慮して付加量として1 g/  日を、n‒3系脂肪酸では1日当たり 1. 9 g をそれぞれの目安量とした。

授乳婦は、日本人平均の母乳脂質成分をもつ母乳を分泌することが期待される。授乳婦の n‒6 系脂肪酸、n‒3系脂肪酸摂取量の 50 パーセンタイル値が、授乳婦の大多数で必須脂肪酸 としての欠乏症状が認められない量で、かつ n‒6系脂肪酸及び n‒3系脂肪酸を十分に含む母乳を 分泌できる量と考え、それぞれ 9. 0 g/日(非妊娠女性における目安量を考慮して、付加量として0 g/日)、1. 7 g/日を目安量とした。

妊婦と授乳婦の脂質(脂肪エネルギー比率)、飽和脂肪酸、及び n‒6系脂肪酸の目標量は、妊婦、 授乳婦でない女性と同じとした。n‒3系脂肪酸の目標量(下限値)に関しては、多量摂取による 胎児、乳児への影響が十分調べられていないので、策定しなかった(目安量としての扱いになる)。

*Innis SM. Essential fatty acids in growth and development. Prog Lipid Res 1991; 30: 39‒ 103.

**Olsen SF, Secher NJ. Low consumption of seafood in early pregnancy as a risk factor for ―103― preterm delivery: prospective cohort study. BMJ 2002; 324: 447.

 

妊娠中・授乳中のDHAの効果は?

 

早産と低出生体重児出産のリスクを減らせる効果が期待できます。 妊娠 10~30 週における魚(n‒3系脂肪酸)の摂取量と早産ならびに胎児の体重との相関を調べた研究では、魚(n‒3系脂肪酸)の食べる量が少ないと早産あるいは低出生体重児出産のリスクが高いという報告がありました。

授乳中は母乳の分泌を促す効果が期待できます。

 

消費者庁の「食品の機能性評価モデル事業」では、 (参照;消費者庁食品の機能性評価モデル事業)

DHA

v. 乳児の成育、行動・視覚発達補助(EPA/DHA)
作用機序は部分的に解明されている。
DHA は、脳の脂肪酸の 40%、網膜の脂肪酸の 60%を占め、神経細胞膜の優勢な構成脂肪酸である。

DHA 欠乏マウスを用いた実験より、DHA の欠乏は脳・神経の発達に影響を及ぼす事が報告されている。

胎児の脳 DHA 含量は、おおよそ妊娠6か月後に非常に低くなるが、その後急速に増加・蓄積しつづける。つまり、妊娠後期と
出産後は、新生児はその正常な神経細胞の発達の為に、ある一定量以上の DHA を必要としていると推察される。

 

 

赤ちゃんの脳のDHAは、妊娠6ヶ月後には非常に低くなってしまいます。

マウスの実験だとDHAが足りないと脳や神経の発達に影響があったということなので、人にも影響がありそうですね。

DHAは体で作られる栄養成分ではなくて、お母さんが摂取したDHAが胎盤を通して赤ちゃんに届きます。

お母さんが、しっかりとDHAをとっていないと心配ですね。

妊娠中・授乳中のn-3系脂肪酸(DHA、EPAなど)の食事摂取基準は、1日あたり1.8g(1,800mg)

なるべくお魚からDHAとEPAをとることを心がけて、不足する量をDHAサプリメントで摂取するがいいですね。

 

妊婦DHAおすすめ


 

はじめまして!当サイトの管理人あおいです

妊活中から葉酸サプリメントを飲んでました。妊娠初期につわりがひどくて食事が思うように取れなくて、お腹の中の赤ちゃんに栄養をちゃんと送ることができているのかなと不安になりました。

お腹の中の赤ちゃんに、しっかりと栄養を届けることは、1番最初の母親の役目と思い調べてたどり着いたのは 、厚生労働省が「食事摂取基準」で1日の推奨摂取量としてDHA・EPAを「1日1g(1,000㎎)以上」摂取することを推奨していること。

DHA・EPAはお魚から取れる栄養成分です。DHAとEPAは体で作らないから食事からしっかりととらないと足りません。

妊娠中は、つわりもあったり水銀や放射能の心配やグリルの掃除がつらかったりして、食事から取ろうとすると、かなりのストレスに・・・。

母親のストレスって、お腹の赤ちゃんに良くないですよね。
DHAとEPAは赤ちゃんの発育には大切な働きをしてくれる成分だからサプリメントでとることにしました。

妊娠中だから、安全で安心できるサプリメントでないと怖いですよね。

しっかり調べて安全で安心できるDHAサプリメントをわかりやすくランキングにしてまとめました。良かったら参考にしてくださいね!

妊婦DHAおすすめ